かつてこんなことがあった・・・
彼はグルメであり炒飯には異常なこだわりがあったそうな。スラム街を彷徨うかのごとく今日も「美味」なるチャーハンを得るために中華街を巡り歩っていた。すでにその数は如何ほどの店を旅したのかは覚えていない。目指す真の味に有り付けぬまま心は寂びれていく、そんな日常になり掛けていた。
しかしそんな探索にも転機が訪れたのです。そこのダンディズム溢れるオヤジは遂にその願いを成就させたのです!
「シンプルイズベスト!」むさぼるよう内にあっという間に平らげます。溢れる涙を抑え、その作り方を問う男、不敵な笑み浮かべ、オヤジは味の素を出した・・・当たり前に手に入る品、それを見つけたのは彼にとって果して幸福だったのでしょうか?

 無修正動画